相続税申告のあすか TOP > 用語集 > 配偶者に対する減額制度

配偶者に対する減額制度

(1)配偶者の相続税額の軽減

配偶者の相続税額の軽減制度は、多額となる相続税の負担において、相続した後の配偶者の生活保障等を考慮した、配偶者特有の税額控除制度です。

 

※計算方法

配偶者の相続税額の軽減による控除額は以下のように計算されます。

相続税総額 × 注1 / 課税価格の合計額=税額軽減額

 

注1:①配偶者が法定相続分で取得したとした場合の課税価格と1億6,000万円と比較して多い額。

②①の額と配偶者が実際に取得した部分の課税価格。

注2:配偶者の負担する相続税額(暦年における贈与税額を控除した残額)を限度額とする。

 

例:被相続人(父)→配偶者(母)および長男が相続

全員の負担する相続税額・・・800万円(配偶者:200万円)

全員の相続した財産価格・・・1億2,000万円(配偶者:3,000万円)

①200万円

②800万円 ×(イ)/ 1億2,000万円= 200万円

(イ)A:1億2,000万円 × 1/2 =6,000万円 < 1億6,000万円 ∴1億6,000万円

B:3,000万円

C:A > B ∴3,000万円

③ ① ≦ ② ∴200万円

 

例にように、配偶者の取得する財産の価格によっては、配偶者の負担する相続税額を0円にすることも可能です。

 

どのような手続きが必要か?

相続税の申告書にこの規定を受ける旨等の記載および、戸籍謄本その他一定の書類を添付して提出すれば受けることができます。

 

(2)贈与税の配偶者控除

婚姻期間が20年以上である配偶者から居住用不動産または居住用不動産取得のための金銭の贈与で、その取得した居住用不動産に居住し、継続して居住する見込みであるときは、居住用不動産を含めた課税価格から最高2,000万円を控除する。

 

一覧へ
無料相談実施中。相続税でお困りの方に無料の個別面談会(初回限定)をおこなっています。 0120-323-127 受付時間 9時~22時(平日) メールでのお問い合わせ もれなく小冊子プレゼント オンライン見積り 相続税シミュレーション 知っておきたいそ相続税知識 相続税お役立ちPDF 知ってるとトクする? 相続税に関する知恵袋 税の便利帳 サービスの流れ 事例別料金 対応エリア

相続税申告のあすかが選ばれる
9つの理由

顧客満足度ナンバーワン 低料金・明瞭会計・低相続税でNo.1 国税局OBが精査・監修申告 申告前に元国税が調査・監修を実施いたします。 六大節税で資産を増やす 40%以上の評価減の実績とノウハウ 節税遺言相談室 節税を考慮しない遺言は無意味になるかも!? 相続の一気通貫サービス 申告から納税資金確保・登記まですべて対応 安心相続税申告・還付の無料相談 相続税申告の流れと税務署OB監修 地主・農家の相談1万件以上 地主・農家の相談経験と実績40年! 抜群の交通アクセス 本店、支店各最寄り駅から徒歩1分 日本全国どこでも対応 北は北海道、南は九州まで、47都道府県どこでも対応いたします。
相続で金持ち家族になる節税対策サービス 先手を打って、損も後悔もしない相続でお金持ちに 払い過ぎた相続税が戻ってきます。 平均833万円の還付実績
相続税ステーションあすか 他では聞けない、相続の事が分かる
ページトップへ