相続税申告のあすか TOP > 相続で金持ち家族になる節税対策サービス
相続で金持ち家族になる節税対策サービス 先手を打って、損も後悔もしない相続でお金持ちに

”金持ち家族”と”貧乏家族”の違い

”金持ち家族”と”貧乏家族”の違い

財産は三代でなくなる典型例 相続で貧乏家族になる理由
  • 死ぬことをいみ嫌い相続対策に取り組まない。
  • 遺言書を書かない。
  • 家族の仲が悪く相続でもめる。
  • 跡取りが決まっていない。
  • 家督相続から法定相続。
  • 先祖伝来の土地にしがみ付いて、土地の立地や採算を度外視して相続税が安くなるといって借金でアパートを建てている。
  • 土地を増やさず建物ばかり増やしている。
  • アパートの借金はよいが土地購入の借金は嫌い。
  • 親と同居していないので、小規模宅地の評価減の適用が受けられない。
  • 所得税・相続税の節税対策もせずに納税している。
財産は三代でなくなるはウソ! 相続でお金持ちに家族になるには
  • 家族全員で代々相続対策に取り組む
  • 遺言書は節税と納税を考慮に入れて税理士に相談しながら作成する。
    相続の仕方で二次も含めて、相続税が違ってきます。
  • 相続税の小規模宅地の評価減が受けられるように親と仲良く同居する
  • 墓守をする跡取りを決めている
  • 相続対策を代々取り組んでいること
  • 跡取りの不動産管理会社を設立して、毎年の所得税等50%と未来相続税を50%節税する。
  • 未来相続税を元手に採算の悪い土地や駅から徒歩10分を超える土地にしがみ付かずに優良な土地に買え替える
  • 税金のかからない含み益を増やす
  • 駅から徒歩10分超の土地にはアパートは建てない
  • 駅近やロードサイドの土地に買い替え、組み換え、増やしてゆく
  • 相続税納税のための土地の譲渡は、足元を見られて安く買い叩かれる心配があるので上場企業の不動産会社数社に依頼して高く売却する
  • 相続税をキャッシュで納税する

相続で金持ち家族になるサービス

相続で金持ち家族になるサービス

サービス詳細
報酬 一律10万円(税別)
サービスの内容
  • 財産診断書と財産明細書の作成
  • 節税提案書の作成
    ※具体的な実行の報酬はその都度ご提示します。

    ① 節税分割法
    ② 節税遺言書の作成
    ③ 一次相続時に二次相続税対策
    ④ 所得税と相続税を節税する会社管理最適方式で50%節税
    ⑤ 財産形成して相続税を50%節税
    ⑥ 税金のかからない含み益を増やす

ご提案に必要な書類

① 固定資産税の課税明細書又は相続税申告書
② 個人の確定申告書
③ 法人の確定申告書
④ 遺言書
⑤ その他

お客様の成功事例

お客様の成功事例

川崎市にいらっしゃるおばあさんの対策

総資産3.2億円、債務5,000万円、未来相続税5,100万円です。

  • ・対策1 跡取りを養子にすることで基礎控除額の増額と累進税率の緩和効果
  • ・対策2 財産形成して相続税を節税

所有アパートが駅から15分で空室もあるので1億円で売却した。買換える物件として、一つは東急田園都市線の駅から5分の土地100坪の賃貸マンションを2億円で購入、2棟目は念願の都内大田区東急池上線の駅から徒歩1分の土地90坪の賃貸マンション1棟1.5億円で購入しました。その後、2年後に相続が開始されました。財産も収入も増やすことができ、相続税4,100万円も減らすことができました。

相続税の節税対策の内訳

財産の種類 節税対策前(百万円) 節税対策後(百万円) 節税効果
土    地 260 320  
建    物 30 70
その他の財産 30 54
小規模宅地の評価減 △20 △24
総資産 320 420
債    務 △50 △298
純 資 産 280 122
相続税総額 51 10 △41

これだけは覚えておきたい!土地の最有効使用と土地の有効活用等の意味

これだけは覚えておきたい!土地の最有効使用と土地の有効活用等の意味

  • 土地の最有効使用
    たとえば、プロフェッショナルな不動産屋さんが郊外の土地を取得して、最有効使用すると賃貸マンションにするのか分譲マンションにするのか比較検討します。 賃貸マンションは採算が悪いので、分譲マンションにします。一等地の六本木、恵比寿、広尾などでは採算があってきますが、その他の地域では採算が悪いので賃貸マンションにはしません。 このように見てゆきますと郊外の駅から徒歩10分超の土地であればアパート経営は考え物です。駅から徒歩10分以内の土地であればアパート経営で採算が合いますね。そして、将来人口が1.3億人から1億人に減っても安心です。
  • 土地の有効活用
    先祖伝来の土地を持ち続けるために、相続税節税目的で採算度外視でアパート経営をされています。 土地の最有効使用の経営の考え方で行けば、駅から離れた不良の土地から駅に近い土地やロードサイドの土地に買換えて有効活用したほうがよいです。
  • マネービルディング
    未来相続税を元手に優良な土地建物を増やして相続税を節税してゆくことです。家の永続的な繁栄を遂げる活動で家に代々次いで行くマネービルディング活動です。
    対象は財産が2億円以上の方
    株と比べて不動産はリスクが低いです。
    • (1) 中古一棟マンションをローンを組んで取得する。
    • (2) 30年ローンを毎月の家賃収入を元に返済する。
    • (3) ローンの元本返済分は利益になります。
    • (4) 毎月の返済分が土地になって残ってゆきます
  • 不動産のレバレッジ効果を利用して、今までよりもダイナミックに展開する。
    不動産のテコの原理ともいい、不動産を購入するときに、 例えば、自己資金2,000万円あれば4倍の8,000万円借りて1億円の不動産を購入できます。これを不動産のレバレッジ効果といいます

相続税申告のあすか 事務所略歴

ま相続税申告のあすか 事務所略歴

私、生まれも育ちも東京葛飾の農家の生まれです。

今は、生い立ちを活かし農家・大家・地主さんに、相続貧乏家族から相続金持ち家族になるには、どうしたらよいかアドバイスしています。

元禄8年 創始者 農業運営
昭和39年 祖父 石井 清 アパート経営 三源荘
昭和49年 父 石井 正雄 アパート経営 石井コーポ
昭和51年 父 石井 正雄 貸倉庫 源兵衛店
昭和53年 長男 石井輝光税理士事務所 自宅にて開業
昭和55年 有限会社山源正朝 跡取りの不動産管理会社を設立
昭和60年 税理士事務所を神田に移転
平成元年 お茶の水税経株式会社設立
平成12年 株式会社ベンチャーサポート設立
平成21年 貸ビル経営 アクセス御茶ノ水
平成21年 貸ビル経営 日本地所第7ビル
平成22年 貸会議室 日本地所第7ビル
平成24年 屋号 相続税申告のあすか
税理士法人お茶の水税経設立
平成24年 貸会議室 東京駅八重洲ダイヤモンドビル3階
平成26年 貸会議室 東京日本橋メルクロス5階
平成28年 新宿支社 開店

まずはお問い合わせください

まずはお問い合わせください

いかがでしょうか?

生前から適切な相続対策をするかしないかで、相続税額は大きく変わります。

親族全員が納得でき、かつ損も後悔もしない相続を叶えるために・・・お気軽に無料面談にお申し込みください。お電話お待ちしております。

ページトップへ