相続税申告のあすか TOP > 相続税シミュレーション
相続税シミューレーション

相続税の計算でお困りの方は

相続税の計算でお困りの方は

相続税のプロだから安心して相談できます

相続税の計算は、まず現状の把握が必要です。 現金や土地はもちろんのこと、預貯金、有価証券、土地、家屋、宝石など、他にも特許権、著作権など、 金銭的見積もりが可能な経済的価値すべてが対象となります。

それら財産について評価を通して、誰がどれだけ分配していくのかといったことが相続税計算です。 また、いざ自分が財産をもらうといった時に「一体相続税がどのくらい発生するのか?」、相続税が発生しない場合も 誰がもらうのかといった事は、事前に把握したほうが良いでしょう。

案件が複雑な場合を初め、不安な方は一度、我々プロに一度ご相談いただくことをお勧めいたします。

相続税シミューレーション 見積もり計算

相続税シミューレーション 見積もり計算

相続税の見積もりを簡単に計算することができます。
税額の目安としてご利用ください。
太字の項目は入力必須です。
子の人数まで入力したのち、「計算する」ボタンを押して下さい。

財産 万円
債務 万円
配偶者

上記太字の項目を全て入力後、「計算する」ボタンを押して下さい

見積り計算結果
相続人
正味財産 万円
基礎控除 万円
課税価格 万円
相続税額 万円
相続税額
配偶者が法定相続分(1/2)どおりに相続し、配偶者の税額軽減の適用を受けた場合
万円

養子の数の算入制限は、考慮していません。
孫を養子にしている場合、子が死亡している場合等の特殊な場合は考慮していません。
算出税額は、1万円未満を切り捨てています。

【注意】自分で相続税申告をやるのはリスクがあります

【注意】自分で相続税申告をやるのはリスクがあります

相続税のプロだから安心して相談できます

あまり知られていませんが、相続税申告をすると22%の割合で税務調査が入ります。特に、名義預金(家族の名前で預金しているが、実質的には別の所有者がいる)があると税務調査の対象になりやすくなります。税務調査が入ると、土地や住宅の評価等も詳しく調査され、数百万円~数千万円の追徴課税になるリスクがあるのです。

逆に、土地の評価が間違っており、本来払う必要のない多額の相続税を支払っていたというケースも珍しくありません。

税務調査の確率が0.7%に下がります

税務調査の確率が0.7%に下がります

相続税に詳しい税理士事務所に依頼すると、書面添付制度により税務調査の確率が0.7%にまで下がります。しかし、書面添付制度を利用して何か問題があった場合、税理士自身が懲罰を受けることがあるため、10人に1人しか利用しないと言われています。

創業40年。相談実績10,000件を超える「相続税申告のあすか」は、明らかに必要がないと判断したケースを除き、書面添付制度をご提案しています(別料金)。

税務調査や書面添付制度はもちろん、節税や二次相続等、詳しく話を聞いてみたいという方は、まずは「無料面談」へお越しください。私、石井輝光が責任をもってご対応させていただきます。

自分で相続税申告するよりもプロに依頼した方が、かなりの割合で結果的に多くの資産を残すこともできますし、税務調査に怯えることも無くなります。

無料相談実施中。相続税でお困りの方に無料の個別面談会(初回限定)をおこなっています。 0120-323-127 受付時間 9時~22時(平日) メールでのお問い合わせ もれなく小冊子プレゼント オンライン見積り 相続税シミュレーション 用語集 相続税の申告要否判定自動計算シート 知ってるとトクする? 相続税に関する知恵袋 税の便利帳 サービスの流れ 事例別料金 対応エリア

相続税申告のあすかが選ばれる
6つの理由

報酬と納税の合計が格安! 40%以上の評価減の実績 1万件以上のすごい節税実績 地主・農家の相談経験と実績40年! 相続の一気通貫サービス 申告・納税資金確保・登記まで対応 税務調査99%ナシ 国税OBが厳しく申告内容をチェック アクセス抜群、日本全国対応 47都道府県どこでも対応いたします。 ベテラン所長による無料面談 現場40年の知識とノウハウ。
相続税ステーションあすか 他では聞けない、相続の事が分かる
ページトップへ