相続税申告のあすか TOP > 用語集 > 特定居住用宅地等

特定居住用宅地等

被相続人の住んでいた家屋の敷地として使用していた宅地等で、次の方達が取得したものをいいます

イ.被相続人の配偶者

ロ.配偶者以外の親族(申告期限までその家屋に住んでいることが条件)

ハ.被相続人と別居していた親族(相続開始前3年以内にその親族又はその配偶者所有の家屋に居住していない場合で、被相続人の住んでいた家屋に同居していた法定相続人がいない場合に限る)

 

※いずれも、申告期限までその土地を保有していなければなりません。

これに該当した場合には、240㎡までは80%相当額が減額されます。

一覧へ
無料相談実施中。相続税でお困りの方に無料の個別面談会(初回限定)をおこなっています。 0120-323-127 受付時間 9:00~18:00(平日) メールでのお問い合わせ もれなく小冊子プレゼント オンライン見積り 相続税シミュレーション 知っておきたいそ相続税知識 相続税お役立ちPDF 知ってるとトクする? 相続税に関する知恵袋 税の便利帳 サービスの流れ 事例別料金 対応エリア
相続税申告あすかが選ばれる7つの理由
相続で金持ち家族になる節税対策サービス 先手を打って、損も後悔もしない相続でお金持ちに 払い過ぎた相続税が戻ってきます。 平均833万円の還付実績
相続税ステーションあすか 他では聞けない、相続の事が分かる
ページトップへ