相続税申告のあすか TOP > 用語集 > 相続財産とみなされるもの

相続財産とみなされるもの

(1)生命保険金

被相続人が死亡したことにより相続人が受け取る保険金は、保険会社から支払われるものだが、被相続人から支払われたとみなして相続税が課される。相続人が取得した生命保険金の合計額のうち、以下の金額までは非課税となる。

生命保険金の非課税額 = 法定相続人の数 × 500万円

 

(2)死亡退職金

被相続人が死亡したことにより相続人が受け取る退職金は、勤務先から支払われるものだが、被相続人から支払われたとみなして相続税が課される。なお、生前に退職した場合でも、死亡後3年以内に支給金額が確定したものは死亡退職金として相続税が課される。相続人が取得した死亡退職金の合計額のうち、以下の金額までは非課税となる。

 

死亡退職金の非課税額 = 法定相続人の数 × 500万円

 

(3)生命保険契約に関する権利

保険事故が発生する前に保険料負担者が死亡していた場合、死亡した者が負担していた保険料にかかる生命保険金相当額については、相続税が課税される。

生命保険契約に関する権利の価額=保険会社などからの解約返戻金の額

一覧へ
無料相談実施中。相続税でお困りの方に無料の個別面談会(初回限定)をおこなっています。 0120-323-127 受付時間 9:00~18:00(平日) メールでのお問い合わせ もれなく小冊子プレゼント オンライン見積り 相続税シミュレーション 知っておきたいそ相続税知識 相続税お役立ちPDF 知ってるとトクする? 相続税に関する知恵袋 税の便利帳 サービスの流れ 事例別料金 対応エリア
相続税申告あすかが選ばれる7つの理由
相続で金持ち家族になる節税対策サービス 先手を打って、損も後悔もしない相続でお金持ちに 払い過ぎた相続税が戻ってきます。 平均833万円の還付実績
相続税ステーションあすか 他では聞けない、相続の事が分かる
ページトップへ