法定相続人の数

(1)法定相続人の数とは?

法定相続人の数とは、基本的には被相続人に係る相続人の人数で、この人数により、基礎控除額や生命保険金等を取得した場合の非課税金額の算定等に利用されます。

 

(2)法定相続人の数に含まれる人は?

法定相続人の数には相続人の他、家庭裁判所への申し立てにより相続を放棄した人も含まれます。ただし、養子については相続人であっても法定相続人の数について次に掲げる制限があります。

①被相続人に実子がいた場合:養子の人数は1人まで

②被相続人に実子がおらず、養子が1人いた場合:養子の数は1人まで

③被相続人に実子がおらず、養子が2人以上いた場合:養子の数は2人まで

 

注:養子であっても、次に掲げる人は被相続人の実子とみなされます。

イ.特別養子縁組により養子となった人

ロ.実子もしくは養子またはこれらの子供が既に死亡し、または相続権を失ったことにより、法定相続人となった人