相続税申告のあすか TOP > 節税実績 > 節税実績 CASE.01「小規模宅地の評価減80%の適用で相続税1,840万円が"0"に」

節税実績

節税実績

1万件の相続相談対応。相続税の節税はおまかせください 1万件の相続相談対応。相続税の節税はおまかせください

case.1

小規模宅地の評価減80%の適用で相続税1,840万円が"0"

小規模宅地

父はすでに他界し母もグループホームに入っていて、近々相続になる心配があります。相続人の長男は、都内にマンションを所有しています。相続人はもう一人次男がおります。

このまま母の家に同居しても、相続になると3年以内に持ち家があると小規模宅地の特例が受けられません。どうしたらよいでしょうか。

正味遺産額は

自宅の土地 14,000万円
自宅の建物 300万円
現金預金 700万円
正味遺産総額 15,000万円
相続税 1,840万円

相続税が1、840万円かかります。アドバイスをお願いいたします。

回答

相続税対策として、長男は同居して、所有マンションは賃貸にするとよいです。小規模宅地の評価減80%の適用が受けられるので相続税は"0"になります。

相続税対策後

自宅の土地 14,000万円
特定居住用宅地の評価減額(※) -11,200万円
自宅の建物 300万円
現金預金 700万円
基礎控除額 -4,200万円
課税価格 -400万円
相続税 0円

(※) 特定居住用宅地の評価減額は330㎡まで80%評価減できます。
14,000万円×80%=11,200万円

よって相続税"0"でかかりません。


この他、多数の事例・実績がございますので、お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ

大きく節税できるのは相続税の専門家だから。知らずに何千万円もの損をしないために、実績豊富なベテランへご相談ください。

ページトップへ