相続税申告のあすか TOP > 相続税の便利帳 > 相続税の便利帳 Vol.31「定期借地権」
税の便利帳 相続税と円満な相続のお役立ち情報

税の便利な知識をお伝えすることで、少しでも相続税と円満な相続のお役に立てればと思います。
ここでは、今後不定期に追加していきますので、ぜひご参考にしてください。
第31回目は「定期借地権」についてです。

定期借地権 ~相続税の便利帳 Vol.31~

定期借地権は文字通り、一定期間土地を貸すもので、①一般定期借地権②建物譲渡特約付③事業用借地権の3種類があります。土地の返還が義務づけられた土地の賃貸方式です。

1.定期借地権は3種類

(1)一般定期借地権・・・・ 期間が50年以上の定期借地権で、期間終了後、更地にして返還してもらうことができます。
(2)建物譲渡特約付借地権・・・・ 期間は30年以上で、期間満了後、地主さんが建物を“相当な対価”で買い取る、というものです。
(3)事業用借地権・・・・・ 期間は10~20で、事業用に限られます。期間終了後、更地で返還してもらいます。

2.定期借地権の種類と特徴

定期借地権 普通借地権
種類 一般定期借地権 建物譲渡特約付借地権 事業用借地権
期間 50年以上 30年以上 10年以上
20年以上
特徴 契約期間終了後契約の更新がなく、確定的に借地権が消滅する。 契約期間終了後、借地上の建物を地主が相当な対価で譲渡を受けることによって、確定的に借地権が消滅する。 一般定期借地権と同じ
条件 ①期間の更新がないこと
②建物の再築による期間の延長がないこと
③更新がない場合の建物の買収請求権を行使しないこと

将来の建物譲渡についての特約を結ぶ 事業の用に共する建物の所有を目的とする
公正証書 必要 必要ではない 必要
契約の更新 なし なし なし あり
期待される用途 賃貸マンション
賃貸ビル
個人住宅
同左 郊外の量販店
外食店舗
工業用地


(※「創意工夫で節税 税の便利帳」 平成22年05月01日16版発行より抜粋)

ページトップへ