相続税申告のあすか TOP > 地主・農家の生き残り財産形成100年戦略

地主・農家の生き残り財産形成100年戦略

地主・農家の生き残り財産形成100年戦略

地主・農家の生き残り財産形成100年戦略

「三代で財産は消える」と言われるほど相続税の高い日本。相続を控えた人にとっては穏やかな気持ちではいられないことでしょう。何千万円、何億円というお金がかかった相続の場面では、あらゆる手をつくして節税しないと、とんでもない額の税金を収めなくてはならない事態に陥ってしまいます。

ここでは、そうした非常にシビアな相続税を少しでも節税する方法について解説していきます。

地主様のこのような悩みを解決します

地主様のこのような悩みを解決します

相続税のプロだから安心して相談できます

相続税申告のあすかは、お客様の財産を高い相続税から守るため、40年、のべ1万件の相続相談に対応してきました。その長年培ったノウハウを駆使して、以下のような地主様たちの問題や悩みをことごとく解決してきました。

  • 人口減少による地価、不動産価格の下落で空室が増えないか心配だ
  • 2022年問題で生産緑地などの郊外の土地と家賃が下がるのでは?
  • 三代で財産がなくなるというのはイヤだ。地主・農家として生き残りたい
  • 土地を売らないで相続税が納税できるようにしたい
  • 高い相続税を支払うと生活できなくなるのではと心配だ
  • 近所の農家の手前、メンツにかけても先祖代々の土地を何が何でも守りたい
  • 株式投資を長年しているがリスクがあって収入も不安定
  • 相続破綻したくないので何とか優良不動産に買い替えて大幅節税したい

相続税で寄せられるご相談内容はだいたいこのようなものです。同じような問題・お悩みをお持ちではありませんか?地主様が抱える問題に私たち相続税申告のあすかは、それぞれの問題に対して緻密な分析力と柔軟な対応策で節税のお手伝いさせていただいております。

本当に財産は三代でなくなるの?

本当に財産は三代でなくなるの?

相続税のプロだから安心して相談できます

日本の戦前までの家督相続制度では長男が相続して、ほとんど相続税はかかりませんでした。ところが戦後マッカーサー統治によって兄弟姉妹は平等扱いになり、「富の再分配」を根拠に財閥が解体され、財産には高い相続税が課せられるようになりました。これが日本の高い相続税の始まりです。

ところで「三代で財産はなくなる」とよく言われますが、本当なのでしょうか。以下に簡単なシミュレーションをしてみましたので御覧ください。

たとえば、一代目の純財産が10億円ある例を見てみましょう。この場合結論から言いますと、子供が2人として三代目まで相続したら、10億円の財産は約20分の1の5000万円程度まで減ってしまいます。

完全にゼロではないですが、10億円の資産が5000万円にまで減るのですから、普通の感覚ならほぼ無くなったと感じることでしょう。

相続税のプロだから安心して相談できます
  • 一代目の相続 100,000万円(10億円)
  • 法定相続分が2分の1で 50,000万円(5億円)

この5億円にかかる相続税が約2億円で、二代目に残った財産が約3億円となります。

二代目の法定相続分が2分の1で、相続税が約3,500万円として残る財産が約1億1,500万円。 同様に三代目に約540万円が課税されて、最後は約5,000万円にまで減る計算になります。

先祖代々の土地を守りつつ都心の貸ビルを殖やす

先祖代々の土地を守りつつ都心の貸ビルを殖やす

やはり「三代で財産は消える」はだいたい当たっているようです。こんな計算をするとなんだか悲しくなってきますね。でも法律で決められているので仕方ありません。

しかしまだあきらめないでください。大丈夫、財産を守る方法はあるのです。ただ相続税のプロには分かっていても一般の人にはなかなか理解しにくいものです。そこでここではその節税法をわかりやすく簡単にご説明いたします。

青空駐車場、遊休地、不採算アパートなどの相続税の納税準備用地などから、物件を都心の貸ビル・マンションに買換えて土地と家賃収入を増やし相続税を節税して現金で納税することです。

相続税のプロだから安心して相談できます

「買換え」ながら財産形成を

「買換え」ながら財産形成を

具体的には、相続税をテコに優良貸ビルを殖やして、そこからの運用収益と節税のトータル戦略で財産を守るようにします。特に東京都心部の高収益な優良貸ビル・マンションが狙い目で、買い替えることで賢く資産を運用し大幅な節税を実現します。

人口減少の話題が聞かれるようになって久しいですが、今後も少子化によって人口減少は止まらず、2050年には25%減の9500万人になると言われています。

人口減少は深刻な地方の過疎化を助長する一方で、東京都心部や人気地方都市への流入は伸びていき、地価、不動産価格はますます二極化が進むことが予想されています。

東京一極集中は昔から言われていることですが過去の話ではありません。このように「地方の過疎化」「人気地方都市や東京都心部への人口流入」はいまだ続いているのです。

残念ながら過疎化で人がいなくなる地方をよそに、30年後の都心3区(千代田区、中央区、港区)の人口増加率は30%以上と推計されています。まさに財産形成は東京都心部です。

このように、不動産価値の上昇が期待できる東京都心部に優良貸ビル・マンションを所有するということは最強の財産形成戦略なのです。相続税で悩む前に、この未来志向の財産形成による節税法を積極的に取り入れましょう。

相続税のプロだから安心して相談できます

これが財産を守るための100年戦略!

これが財産を守るための100年戦略!

「地主・農家の生き残り財産形成100年戦略」とは、その名のとおり高い相続税から土地・財産を守りぬき、100年後まで子孫が豊かに過ごせるようにする戦略です。

これまでだいたいの内容を述べてきましたが、この最強の相続税対策の全貌と流れは以下のようになります。

  • 永遠に継いで行く不動産管理会社を設立して、家族が豊かに暮らす体制を創ります。そして、毎年の所得税等を半分と相続税節税の仕組みを創ります。
  • 跡取りに納税貯蓄させて家業の永続的な繁栄のシナリオを作ります。
  • 相続税をテコに高収益の優良地所を殖やして相続税の節税を図ります。
  • 節税遺言または跡取り信託を遺します。
  • 相続になったら、地所を売らずに相続税を長年の貯蓄で納付します。
  • 相続専門税務署OBの精査と書面添付で申告して税務調査がないのでご安心ください。
  • 兄弟姉妹 仲良く親の遺した不動産管理会社を盛り立てて、高収益の優良貸ビルを買換えて殖やし続けます。
  • この永続的繁栄の仕組みを跡とりに代々継いで行けば、不動産管理会社も家業も永続的に繁栄します。

これで、相続が何度来ても土地は減るどころか、高収益の優良貸ビル・マンションは殖え、代々末裔まで豊かに暮らせます。これが相続税対策で最強の「地主・農家の生き残り財産形成100年戦略」です。

まさに「為せば成る為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」ですね。大事な財産ですからあきらめてはいけません。

「三代で財産が消えてしまう、どうしよう」と悩んでいる場合ではありません。今すぐに相続税対策の第一歩を踏み出しましょう。

相続税対策のプロである、我々相続税申告のあすかが、最大限のお手伝いをさせていただきます。

相続税のプロだから安心して相談できます

ご相談は無料です!

ご相談は無料です!

これまで40年、のべ1万件の相続相談から導き出した相続税申告のあすかの凝縮されたノウハウ、それがこの「地主・農家の生き残り財産形成100年戦略」です。

当社では、お客様の不動産の売買にあたっては、優遇税制を生かして節税し、手取り額を最大化するように節税アドバイスして申告します。企画提案料は88,888円です。

売り手から買い手まで三菱地所、三菱UFJ不動産販売などの超優良企業にご紹介します。富裕層のお客様をご紹介頂けますので売るときは高く売却でき、購入するときは優良情報をたくさん収集できますので、優良なもので気に入っている物件を購入できるので安心確実に財産形成できます。

「相続税についてどうしたらいいのか分からない」という悩みがありましたら、こんなときこそ相続税対策のプロのアドバイスを受けてみてください。ご相談は無料で承っていますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

無料相談実施中。相続税でお困りの方に無料の個別面談会(初回限定)をおこなっています。 0120-323-127 受付時間 9時~17時(平日) メールでのお問い合わせ もれなく小冊子プレゼント オンライン見積り 相続税シミュレーション 用語集 相続税の申告要否判定自動計算シート 知ってるとトクする? 相続税に関する知恵袋 税の便利帳 サービスの流れ 事例別料金 対応エリア
相続税申告あすかが選ばれる7つの理由
相続税ステーションあすか 他では聞けない、相続の事が分かる

家主と地主 2019年11月号掲載

家主と地主 2019年11月号掲載
ページトップへ