相続税申告のあすか TOP > 節税実績 > 節税実績 CASE.03「広大地評価で4,881万の節税」

節税実績

節税実績

1万件の相続相談対応。相続税の節税はおまかせください

case.2

広大地評価で4,881万の節税
土地の現地調査を実施、評価を下げる減額要素を探し出します

近隣に比べ広めの土地

広大地節税効果

  • 広大地の評価減を適用しない場合の評価額
    路線価
    145,000×2,200㎡=31,900万円
  • 広大地の評価減を適用した場合の評価額
    広大地補正率
    145,000円×(0.6-0.05×2,200㎡/1,000㎡)×2,200㎡=15,631万円
  • 節税額
  • 広大地の評価減
    319,000,000円-156,310,000円=16,269万円
  • 広大地の評価減
    162,690,000円×30%(節税効果率)=4,881万円

広大地とは

広大地とは、その地域における標準的な宅地の地積に比較し、著しく地積が広大で、
開発行為を行う場合に、道路、公園などの公共施設用地の負担が必要と認められるものをいいます。

広大地の適用要件

広大地の適用を受ける宅地は、一般の宅地に比べて、およそ4割の大幅な評価減を受けられます。
このため、広大地の適用を受けるためには、次の4つの要件をクリアする必要があります。

  • 大規模工場用地に該当しないこと。
  • マンション建築に適した土地ではないこと。
  • 広大な土地であること。(三大都市圏では500㎡以上)
  • 開発行為を行う場合に公共施設用地の負担が必要と認められること。


ページトップへ

大きく節税できるのは相続税の専門家だから。知らずに何千万円もの損をしないために、実績豊富なベテランへご相談ください。

ページトップへ