相続税申告のあすか TOP > 知ってるとトクする?相続税の知恵袋 「ご存知ですか? 相続税申告後、22%の確率で税務調査が入ることを。」
知ってるとトクする?相続税の知恵袋

知恵袋その5. 奥行が長い宅地や短すぎる宅地は、評価額がやすくなるの?

知恵袋その5. 奥行が長い宅地や短すぎる宅地は、評価額がやすくなるの?

土地の評価額は、奥行距離に影響を受けます。奥行距離が長すぎる宅地や短すぎる宅地は評価額が低くなる傾向があります。

奥行き距離長い宅地 標準的な宅地 奥行き距離の短い宅地

奥行の長い宅地や短い宅地は使い勝手が悪いので、路線価を調整します。

POINT

奥行距離の長い宅地は、奥の部分の利用効率が劣ります。また、奥行距離が短すぎる宅地も建物の建築に影響するなど同様で、価値が低くなるに傾向があります。このため、標準的な宅地に比べて奥行距離が長い宅地や短いたくちの路線価は、奥行価格補正率を用いて調整する必要があります。

奥行きの長短に応じて、路線価を低く調整できる!

標準的な宅地に比べて奥行が長い宅地や短い宅地は「奥行価格補正率」により補正して評価します。

奥行距離の長い宅地も一平方メートル当たりの評価額 奥行距離の短い宅地も一平方メートル当たりの評価額 奥行価格補正率表(抜粋)

無料相談実施中。相続税でお困りの方に無料の個別面談会(初回限定)をおこなっています。 0120-323-127 受付時間 9時~22時(平日) メールでのお問い合わせ もれなく小冊子プレゼント オンライン見積り 相続税シミュレーション 用語集 相続税の申告要否判定自動計算シート 知ってるとトクする? 相続税に関する知恵袋 税の便利帳 サービスの流れ 事例別料金 対応エリア
相続税申告あすかが選ばれる7つの理由
相続税ステーションあすか 他では聞けない、相続の事が分かる
ページトップへ