相続税申告のあすか TOP > 知ってるとトクする?相続税の知恵袋 「ご存知ですか? 相続税申告後、22%の確率で税務調査が入ることを。」
知ってるとトクする?相続税の知恵袋

  • 知恵袋その1 過大相続税が還付されるポイント
  • 知恵袋その2 相続税の基礎控除額以下でも申告しよう
  • 知恵袋その3 相続で土地を殖やす法
  • 知恵袋その4 ご存知ですか? 相続税申告後、20%の確率で税務調査が入ることを。
  • 知恵袋その5 奥行が長い宅地や短すぎる宅地は、評価

    知恵袋その5. 奥行が長い宅地や短すぎる宅地は、評価額がやすくなるの?

    知恵袋その5. 奥行が長い宅地や短すぎる宅地は、評価額がやすくなるの?

    土地の評価額は、奥行距離に影響を受けます。奥行距離が長すぎる宅地や短すぎる宅地は評価額が低くなる傾向があります。

    奥行き距離長い宅地 標準的な宅地 奥行き距離の短い宅地

    奥行の長い宅地や短い宅地は使い勝手が悪いので、路線価を調整します。

    POINT

    奥行距離の長い宅地は、奥の部分の利用効率が劣ります。また、奥行距離が短すぎる宅地も建物の建築に影響するなど同様で、価値が低くなるに傾向があります。このため、標準的な宅地に比べて奥行距離が長い宅地や短いたくちの路線価は、奥行価格補正率を用いて調整する必要があります。

    奥行きの長短に応じて、路線価を低く調整できる!

    標準的な宅地に比べて奥行が長い宅地や短い宅地は「奥行価格補正率」により補正して評価します。

    奥行距離の長い宅地も一平方メートル当たりの評価額 奥行距離の短い宅地も一平方メートル当たりの評価額 奥行価格補正率表(抜粋)

ページトップへ